肌荒れの医療で通院した素肌科といった漢方の影響

面皰でによる肌荒れに悩む者はハイスクールくらいのご時世に多いと思います。
但し私の場合は30歳を過ぎたあたりでした。
半年ぐらい極度な寝不足が続いた残り、ビックリするほど表皮が荒れてしまいました。
面皰とはいっても年齢が30年齢を過ぎていたので、ぷつぷつというせりふの方が正しいかもしれません。
地はアゴ周りに集中していて赤い発疹が常に5~10個もあるスタイルでした。
異変は酷く、時々炎症が起きすぎて洗浄後に血液が出てしまうこともありました。

インターネットで調べてみたところ、エステや美容外科だと最適お金がかかります。
ダラダラ悩んだ果実、美容素肌科に精通した医師のいるクリニックを見つけました。
美容外科だと結構入りずらい気がしていたのですが、
その医師がいるクリニックは「素肌科」という標榜していたので
抵抗を感じずに通えました。

そっちのクリニックでは漢方を処方箋され、「漢方に成果はゼロ。
長期的に付き合うつもりで始めてください」という評価を受けました。
そのほか、頑として効果が出る者って効果がでない者とで差が大きいというおはこもあるそうです。
運良くわたしは投薬から2ウィークくらいで成果を得ることが出来ました。
値段もひと月3000円くらいなので、エステや美容外科よりもなかなか安いと思います。
漢方はこれからも長く付き合っていきたいだ。高血圧や糖尿病の人にもおすすめ。腸内の善玉菌を増やして強い腸を作ろう。

肌荒れの医療で通院した素肌科といった漢方の影響